まちのみどりを支える民のチカラ

  • 2006/11/30(木) 20:00:00

街並の中で、みどりの果たす役割は大きいですけど、公園などの数は限られますよねえ、だから身近に目にするものとしては、住宅などのみどりが大きく影響してると思います。
道路から見えることを意識して、植えられた民家のみどりが、街を潤しているんじゃないでしょうか。

襲いかかるみどり

  • 2006/11/19(日) 20:00:00

最近、仕事で係わっている人たちの影響でお散歩写真の楽しさを思い出して、パチパチ撮っています。
昔はフィルムカメラで、フィルムが終わるまで現像に出せず、1回に撮る枚数の少ないお散歩写真には不向きでしたが、今はデジタルカメラでいつでも取り出せるので、便利です。

さて、今日もみどりシリーズですが、家の壁から電線を伝って、電柱にまで襲いかかっているのを発見。
家の方も南面から見ると2階の窓まで全く見えません。
さすがに、こちらのお宅は、現在はお住まいになられていないようでした。



別のお宅ですが、こちらは意図的にみどりを這わせておられるようで、ちゃんと窓の部分は開いています。



さて、下の写真ですが、真ん中のみどりの塊は、一見すると左右どちらかのお宅の庭のようですが、なんと一軒のお宅で、よく見ると入り口の扉もあり、お住まいにもなっているようです。
右のお宅に今にも襲いかかろうとしているのが気になります。隣人トラブルが無ければ良いのですが。(^^;

みどりの伝播

  • 2006/11/04(土) 20:00:00

四ツ橋筋を歩いていると不思議な光景が飛び込んできました。



よくあるフェンスで囲われた空き地なのですが、その前にはプランターがたくさん置かれ、フェンスにはハンギングバスケットを使って花が植えられています。
一体何なんだろうと思って周りを見渡すと、道路の反対側は靱公園でした。
公園の緑が、この空き地にまで伝播しているのに違いありません。
実際、すぐ近くの喫茶店の前の郵便ポストの周りもこんな状態に。
道路をはさんで向こうに見えるのが、靱公園です。